NISAで東証銀行業の指数とWOWOWに投資

NISAは非課税で投資ができる優れた制度だといえるでしょう。個人投資家をターゲットとしたサービスで、すでに多くの利用者がいます。キャピタルゲインやインカムゲインに対して税金を支払わなくて良いですから、個人投資家としては非常に魅力的なサービスだといえるでしょう。NISAは便利なのですが、何に投資をするのかは非常に大事な問題です。リスクを抑えた投資をするのなら、指数に投資をするのは良い方法です。指数なら組み入れ銘柄が多くありますから、個別銘柄に投資するよりも低リスクです。

たとえば東証銀行業指数は、東京証券取引所に上場している銀行を組み込んだ指数です。銀行は財務体質が安定しているものも多いですから、倒産する可能性は低いと考えられます。組み入れられている銘柄は、メガバンクが半分以上を占めていますから、業績が悪化して株価が下落することはあっても、組み入れ銘柄がすべて倒産してしまう可能性は低いといえるでしょう。安全性を考えてNISAを利用するのなら、東証銀行業指数を選ぶのは良い方法です。東証銀行業指数に連動した投資信託などを利用するのは良い方法です。

個別企業に投資をするとリスクは高くなりますが、その代わりに期待できる利益も大きくなります。たとえばWOWOWは、民間の衛星放送会社で、BSやCSなどに番組を提供しています。景気の回復期待や、東京オリンピックの開催などによる収益増加の予想などもありますから、個別で狙っていくのにはWOWOWは魅力的な銘柄の一つだと考えられます。ただ、WOWOWだけに投資をすることによってリスクは高くなりますから、やはりいろいろな銘柄に資金を分散することは考えていかなければなりません。



トップページへ